スピード重視の介護ってどうなの?

介護老人保健施設などに勤務してみるとわかるように、限られた時間の中で大人数の方の介護をするということは、どうしても一斉作業が増えてしまいます。

 

たとえば、お昼は全員でホールで食べるという集団生活のルールがあるために、それまでに入浴を終わらせなければなりません。施設入所前は、夕食後に一人でゆっくり入浴していた方も、施設入所後は午前中のうちに短時間で入浴を済ませると余儀なくされる場合もあります。

 

QOLを重視する施設の場合は異なるかもしれませんが、まだまだこのような施設は多い傾向にあります。

 

仕事が早く終われば先輩に怒られることもないし、完璧にやっているという評価をもらえると思い、スピード重視の介護が正しいと思っている介護士もいます。もし、出来るだけ早く業務を終わらせることが、質の高い介護だと言う先輩がいるのならば、その施設は良い施設だとは言い難いかもしれません。

 

介護の質の高さを評価するのは、先輩ではなく入居者です。

 

決まった時間にトイレに行かされて、無言で淡々と排泄介助される高齢者の気持ちを考えたことはありますか。果たしてこれが、本当に質の高い介護なのでしょうか。

 

入居者の中には、介護施設に入所した時点で、生活の質を求めることを諦めてしまう人も大勢います。
自分のことを家族の厄介者だと思う人もいます。

 

もし自分が高齢者になった時、同じような待遇を受けたらどう思うか、考えてみてください。

 

介護士して高齢者の一番身近にいる人間として、毎日どのような関わりを持っていくことが必要か、個別に考えてみる時間を持ちましょう。

 

スピード重視の介護を行うことは、時に必要かもしれません。

 

しかし、スピードを重視する傍らで、相手も自分と同じ人間であるということを忘れずに関わっていくことが大切です。残された人生を過ごす場所が施設であると決められてしまった人達に対して、介護士は毎日どのようなサービスを提供していくことが出来るのでしょうか。

 

一人一人の高齢者にとって、毎日関わる介護士の存在はとても大きいということを心に留めながら働きたいものですね。

介護士としてのモチベーション

介護士を目指して転職したものの、理想と現実のギャップに悩む人も少なくありません。介護職の世界は、他業種と比較すると人材の出入りが激しいとも言われています。

 

その背景に、介護士としてのモチベーションの問題があげられます。

 

介護の仕事を始めたばかりは、今までにやったことのない仕事を身に付けることに精一杯で、今後のキャリアについて考える機会は少ないかもしれません。

 

しかし、ある程度仕事に慣れてくると、毎日の介護業務がルーティンワークのように感じることがあります。

 

また、いくら一生懸命介護に当たったとしても、利用者の死や、介護士の努力だけではどうにもならない家族との関係などの問題を目の当たりにし、バーンアウトしてしまう介護士がいます。

 

いくら努力しても、介護士だけの力だけではどうにもならない現実を知ってしまうと、モチベーションが低下してしまってもおかしくありません。

 

では、介護士としてどのようにモチベーションを維持していけばいいのでしょうか。
その一つとして、キャリアアップがあります。

 

福祉系の資格には、現場の介護を行う専門職の資格として、介護福祉士という国家資格があります。

 

介護福祉士の資格を取るには、福祉系の専門学校を卒業することが一番の近道と言われていますが、専門学校を卒業していなくても、3年以上の介護士としての経験があれば、受験資格を満たしているとみなされます。

 

また、介護福祉士の他にも、ケアマネージャーとして資格があります。介護支援専門員とも言われていますが、これは国家資格ではありません。しかし、5年以上の介護士としての経験と、介護福祉士の資格があれば、受験資格が認められています。

 

2050年には、2人に1人が高齢者になると言われている日本社会において、介護士のニーズはますます高まってくると言われています。

 

このような資格取得を目指すことでモチベーションを維持すること以外にも、管理職を目指して転職活動を始めるという選択肢もあります。

 

現状に留まらず、キャリアアップを目指していくことで、介護職に対するやりがいが出てくるといいですね。

 

その中でもっと高齢化社会に対する施設・賃金・補助金などの援助が増えてくると、介護士に対する社会的な注目が集まってもっと多くの多くの方が就職をめざし、その結果注目される職種になるのではないでしょうか?

 

そうなると全体的に介護士になる方も増え、社会的な地位も向上して働いている人のモチベーションにつながっていくでしょう。
看護師 老健 看護師 デイケア

2015/01/18 17:28:18 |
65歳以上の老年人口が増加し、80歳以上の高齢者の4人に1人が寝たきりであるとも言われています。認知症や様々な疾患によって長期的な療養を必要とする人が増える一方で、核家族化や少子化という問題により、介護の担い手は常に不足しているというのが現状です。人間関係の希薄化が叫ばれる昨今、福祉業界への転職を決心したものの、理想と現実の違いに悩む人も少なくありません。中でも、想像以上に仕事が大変で、これから先も介護士として働き続けることができるのかということは、介護職に転職した人のほとんどが考えることかもしれません。たしかに、介護という仕事は楽なものではありません。ヒューマン・サービスである限り、QOLを...
2015/01/18 17:27:18 |
家庭的な雰囲気の中で、その人の個別性を尊重した介護を受けられる施設として、グループホームが注目を集めています。グループホームとは、少人数のユニットの中で家事などの作業を通し、ADLを出来るだけ維持していくことを目的として作られました。通常、利用者が9人以下の場合を一つのユニットとして換算します。介護老人保健施設や、介護老人福祉施設との違いは、利用者一人に対する介護士の人数が多いことから、密な関わりが可能であるということです。また、グループホームに入居可能な利用者は認知症があることを条件としているため、毎日接するスタッフが見慣れた人であることは、認知症の進行を予防するために大変重要であるとも言わ...
2015/01/18 17:25:18 |
介護の仕事と聞くと、やりがい以上に仕事が大変だという、ネガティブなイメージが持たれがちです。実際に介護の仕事をしている方であれば御存知のように、身体介護は体力が必要ですし、認知症介護の忍耐力と柔軟性が求められます。体力的にも精神的にも大変な仕事内容だと思われがちで、一般的にも敬遠されがちですが、実際どうなのでしょうか。やはり体力的には大変です。中腰になって業務・介護をする場面が多く、身体的な疲労・腰痛からくる痛みなどは職業病といえます。介護の仕事は日中の他にも夜勤もあり、現在は夜勤もできないと就職できない地域が多いので日勤・夜勤と両立するのは身体的にも精神的にも大変といえるでしょう。年齢を重ね...
2015/01/18 17:25:18 |
少子高齢化に伴う深刻な介護士不足が大きな社会問題になっている今、定年後や子育てが落ち着いた世代のマンパワーを活用することが、介護業界で大きな注目を集めています。定年退職後に、今までとは全く違う仕事をしたいと希望して、介護業界に転職してくる人が増加しています。しかし、実際はその思いとは裏腹に、転職に対する不安が大きく、なかなか行動に移せないという人も多いようです。定年後に介護士として働くという選択を躊躇してしまう理由に、体力的な問題とスキルの問題があります。まず、体力的な問題とは、50代、60代の体力で介護という重労働ができるのだろうかということです。実際、介護職の業務としては身体介護の割合も高...
2015/01/18 17:22:18 |
介護現場で働く人の年齢は、実に様々です。介護職の中には、定年後に介護士になることを目指して研修を受け、入職してくる人もいます。定年前までは会社でも課長クラスの立場にあり、部下に仕事を指導していた人が、定年退職して20代の介護福祉士に指導されているという姿もよく見かけるようになってきました。親子ほどの年齢差があるにも関わらず、介護職の経験がある20代の若者が介護経験なしの60代の新人介護士に指導するわけですから、指導方法に悩む介護士も増えてきています。年上の新人介護士の指導の難しさで直接することが多い課題は、年上の方のプライドの高さです。長年の社会経験や培ったコミュニケーション力は、まさにその人...
2015/01/18 17:21:18 |
今、介護ロボットが注目を集めています。日本は、ロボット開発において世界の先端を走り続けてきました。少子高齢化社会の中で、日本のロボット技術を介護に活用することで、介護士の負担軽減や介護の質を高めていこうという取り組みがなされています。では、介護ロボットにはどのような活躍が期待されるのでしょうか?ロボットと言うと、人の形をした自動で動く機会を想像しがちです。しかし、介護ロボットというのは、介護現場実際に装着して使用するものや、装着せずに使用するもの、また家庭で使用できるものまで研究・開発が進んでいます。たとえば、装着式の移乗介助機器は、介護者がロボットスーツを装着することで、力を使わずに人を移乗...
2015/01/18 17:20:18 |
介護職員は、まれに利用者から暴力・暴言を受けることがあります。利用者の中には、脳血管障害や認知症など、脳に器質的疾患がある方がいます。また、施設に入居したくないという気持ちが強くあったとしても、自宅で一人で生活することが困難だったり、家庭の事情で仕方なく施設に入居される方もいます。脳の器質的疾患は、感情をコントロールする中枢機関に影響を与え、人格が変わってしまうことも珍しくありません。また、強制的に施設に入居させられた場合、心理的ストレスによって言動が粗くなったり、情緒不安定になる方もいます。様々な事情を抱え、施設に入居している高齢者の一番近くにいる介護士は、時に利用者から叩かれたり、心無い言...